--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/02/23.Sat

◯◯世界

物質世界、精神世界、◯◯世界




自分はよく定期的に交友モードをオフにしたりします。

今までは、そういう交友関係に疲れてオフにしたりして、暫く連絡をするのを止めたりするの繰り返しだったんだけど、最近は少し異なる感覚にあります。

自分の価値観が世の中と多少ズレてるのは認識しています。親しい人も知り合いも友達も、私のことはよく分かってないことが多いでしょう。

もう一人の自分が常にブレーキをかけている感覚というか。何をしてもリミッターが効いてるんです。

だから周りが100%の盛り上がりの時に、自分は90%のテンションでいる。周りがお通夜状態の時も自分は80~90%のお通夜状態。

なので、常にマイペースでした。もちろん、その場の空気は読みます。だけど必要以上にその場の空気を取り込みません。水と油のように交じり合うことはないのです。

今ある場から精神的に隔離された場にいる感覚というか。

生きている、生活している上で、常にブレーキをかけている存在がいました。

思えばその徴候はかなり小さい頃からあった気がします。そのせいか、常に孤独感が存在してました。常に周りと世界が違う感覚があったのです。

でも最近はその底の見えない霧が段々と晴れてきている感覚があります。何かのキッカケでブレーキが外れるんじゃないかという期待があります。



お化けを信じない人に、お化けの話を懇懇としても不毛でしょう。
UFOを信じている人に、UFOを否定し続けていても不毛でしょう。

なので、世の中聞き入れられない言葉があったりするのは当然なんです。それは自分の世界観じゃないから。

でも、その不毛の地から何かが芽生えることもあるんです。それだから世界って面白いですよね。


文章にすると「こいつずっと考え事をしてそうだ」「哲学的で難しそう」と捉えられるかもしれません。

でもこれって感覚なんです。考えて書いたものじゃなくて、ふと感覚で数分間で浮かんだこと。なので何も考えてないほうが良いことがたくさん浮かんできます。

なので、自分は同じ事を二回言えなかったりします。その都度その都度、感覚を再生成している感じなので。


世の中の様々な「数」を相手にしたら人間は無力です。本屋に行けば、2生3生かかっても読み切れない本の量です。

人間は様々なモノを貯めようとする。モノ然り知識然り財(金、人)然り。なんででしょう。不安だからでしょうか。

楽天的(と世の中は言う)な自分の性格からは、その価値観が分からないのです。人々があらゆるものを貯めこむ様子を見て、違和感を感じます。

震災の時もデパートやスーパーの行列に差異を感じたものです。煽るメディアも悪いけど、それに乗っちゃう人々もどうかと思います。





単なる独り言です。でも吐き出してスッキリするものってありますよね。女性ほどじゃないですけど、男性にもそういうものはあります。

人間は常に過渡期であり安定期です。それは各々が決めてること。


ぼく、あなたは人生で本当に何をしたいのでしょう。人生に迷った時、答えは自分が一番良く知ってることに気づいていたいです。

「Good Luck」という本を昔読んだ時に、その同じ価値観に歓喜したものです。

分からない、分からないと自分で思いつつも、自分の純粋な意図は常に心の中で温められてるはずです。準備が整った時にそれが芽生えるのです。


さて、またスイッチをONにしよう。今までと違った感覚で。

心のことば | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。